僕には愛しすぎる彼女 ep.5


第5話 日本語訳&ストーリー by norinori

セナ:暫く一緒にいてとセナが言っていた

こういう時はひとりだと憂うつだからと
ヒョンウク:お前の友達 セナは大丈夫って?
ヒョンウクが犬の着ぐるみを取るとセナの顔には涙が
ヒョンウク:タルボクは嘘つきだな
セナ:違います

目に何か入ったみたい

目が大きいからかな

おじさんは目が小さいから風も目に入らないでしょ?
笑ったわ
ヒョンウク:そうだな

笑ったな
友達のタルボクに時々遊びに来いと伝えて
セナ:これは私が作った曲
ヒョンウク:一緒に聴こう
セナ:いえ ひとりで聴いて下さい
ヒョンウク:講評を聞かないと

大事な事だ
セナ:またにします

今 お腹減ってるし 晩御飯も作らないとならないし

一緒に聴くのは気恥ずかしいし

秋だからかな

私は帰ります
あ、これからタルボンがたまに来るそうです

私の言うこと聞かなくて

会社から電話が来る
ヒョンウク:はい
カン理事:こんな時に席をはずしてどうするんです

いくら臨時の社長だってあんまりです
ヒョンウク:すぐ戻る

AnAの前では無限動力のファン達が集まり、解散に追い込んだと抗議し解散に反対している

会社の会議
他の事務所からお金が出て無限動力は辞めたらしい

ジェヨンに対する怒りと無限動力の辞めた3人への連絡を話し合う中、

ヒョンウクはシウから連絡しようと言う
ヒョンウク:シウが悪い事でも考えたら解散よりも惨い記事が出る

記者会見などの対応はその次だ

職員 が電話で:

宿舎にシウがいません

実家に行く必要はありません

今母親ならここにいるので

友達や馴染みの店にも確認してみます

橋の上のシウの回想
シウ:なんだ?録音していたんだ

解散だなんてありえない話を…

分かった

今確認する
携帯で記者会見の映像を見て事実だと知る

レオン:おい 大したもんだ

来ないと思ったのに来たか

最後の挨拶だ
シウ:本当にこのまま辞めるつもりか
レオン:じゃあ、一緒に辞めようとか言うと思ったのか
シウ:俺の何がそんなに悪いと言うんだ?
レオン:お前は歌も上手くないのに顔でセンターになって

歌も俺が歌った

それなのに無限動力が売れたのはシウがいたからと言われ

お前もそう思い…

俺達が売れた今 もう我慢しなくても良いだろ
味わうといいさ

お前が大した事がないって事を

俺達3人も 無限動力の名前もないお前がどれだけちっぽけな存在か
もう行かないと

早くに行く事にしたんだ

ああ ラウムと行くんじゃないぞ
シウ:まさかラウムの事も本気じゃなかったのか

わざと俺から…
レオン:今更 何だ

まあ少し休め

それがいつ迄になるかは知らないが

職員がシウの母親を家迄送って来る
職員:記者やファンが来ても何も言わないで下さい
母親:なぜうちの子だけ置いて解散したんでしょうか?

まさかのけ者にされていたのでは?
職員は行かないと行けない時間だ

もし来たら引き留めて置いて下さいと帰る
母親:うちの子を宜しくお願いします

母親を陰から見守るシウ
母親へ電話する
母親:ヨンボク!
シウ:あー その名前で呼ぶなって

まさか心配でどっかに座って泣いてる?
母親:違うわ 

いつあなたが心配かけたことがあるの?
シウ:家に帰ったら記者が詰めかけて頭が痛いだろ

母さん 無限動力の中で誰が一番上手かった?
母親:あんたよ
シウ:他の人も皆そう思ってる

俺はシウだよ!

ファンは100万人だ!

解散なんて大した事ない

俺を信じる?信じない?
母親:信じるわ
シウ:だから家に帰って

薄着しないで

ヒョンウクは父親の愛人と隠し子の写真を見ている
へユン:シウから連絡来たそうよ
ヒョンウク:探し出してマネージャーを24時間付けろ
へユン:それから私はジェヨン先輩の家が何処か知ってるけど
ヒョンウク:だから行けと?

引き留めるとか?

いや無限動力を返せと?

あいつと友達だった事はないさ

3年前からは
へユン:ソウンのせい?
ヒョンウク:シン・へユン!

俺は今ひとりでいたいんだ

へユンは出て行き、セナが作った曲の音源をもらった事を思い出し、聴いてみる

セナが歩きながら占っている
セナ:聴いた… 聴かない…

…聴いたのに連絡がない…
AnAの前では無限動力の解散について質問する記者達が集まっている

練習生達は無限動力が辞めて これからのAnAがどうなるか心配している
セナが現れる
練習生:お前本当に図々しいな

会社をこんなにしといてよく来れるな

なんだ?練習するつもりか?

行きましょ

社長が認めた天才が練習なさるわ 私達はどかないと
セナ:私がそんなにすごいと思う?

ソPDを追い出し 無限動力を解散に追い込むほど?
ならもうそんな話は辞めて

勘違いしないで 

私はソPDが対決を放棄したから残っているだけ
練習生:おめでとう

頑張れば?
セナ:うん これから頑張るわ

風に当たり 歌を聴くセナをヒョンウクが見つける
ヒョンウク:タルボクは本当に嘘が上手いな
セナ:え?
ヒョンウク:ユン・セナは一生懸命やると言ってたのに

遊んでるみたいだ
セナ:歌を聴くのも仕事でしょ

良い曲を沢山聴かないと良い曲は作れないし…

正直 どうしたら良いか分からない
ヒョンウク:ちょうど良かった

宿題を出す所だったんだ

気にならないか?

君の歌を聴いてどう思ったか?
セナ:忙しくて聴けなかったんじゃ?
ヒョンウク:忙しくて聴けない所だったけど 聴いたよ
セナ:どうでしたか?
ヒョンウク:勇気があると思った

こんな曲を無限動力のタイトル曲にしようなんて
メロディは良かった 新鮮だ
セナ:本当に?
ヒョンウク:あー でも編曲があまりに稚拙で聴けなかった

また作って来い

なるべく早く

今度はどうやったら良いか分かるだろ?
セナ:はい
ヒョンウクがイヤホンを付けてあげ
ヒョンウク:お前の言う通り 良い曲を聴かないと良い曲は作れない

ヒョンウクが何処かへ電話をする
ヒョンウク:ええ イ・ヒョンウクです

音楽機材が必要なんですが

セナがスタジオに行くと編曲者がしょげている
セナ:私の顔も見たくないでしょうが

編曲をやり直せと宿題を出されました
編曲者:ソ・ジェヨンが俺を捨てるなんて

いつも俺らは一つだと言ってたのに
セナ:牛乳飲料でも買って来ましょうか?
編曲者:いらない 

…マカロンアイスクリームが良い

二人でアイスを食べながら
セナ:どうしたら編曲が上手く出来るかな 

簡単じゃないでしょ?
編曲者:どうしたらソ・ジェヨンに復讐出来るかな  

簡単じゃないよな?

父親が電話をしている
父親:この事が外に出たらAnAはめちゃくちゃになる 

肝に銘じろ
義母が部屋に来たのを見て電話を切る
義母:何を驚いているの?

無限動力に誰がいるって?
これからあなたの健康は私が面倒みるわ

義母がヒョンウクを呼び出す
ヒョンウク:会社に来れば良いのに 

忙しいのはご存知でしょ?
義母:会社に行って聞くにはちょっと話しにくい事だから

父さんの愛人て誰なの?
ヒョンウク:分かりません

誰なのか どんな関係なのか

全く関心ありません
義母:じゃあ私が立ち上がるけど

父親は会社に復帰出来なくなるわよ

会社はあなたが面倒みないとね

義母は弁護士に電話する

ブラックボックスの映像復元は何ヶ月迄可能なのか聞く

ヒョンウク:会社に帰る所だ

顧問弁護士を呼び緊急会議を招集して
突然発作が起こり危うく車の事故になりそうになる

へユンがジェヨンに会いに行く
へユン:私のせいなの?

先輩はこんなに卑怯だったの?

無限動力の商標権はこちらにあるから名前は使えないわよ
ジェヨン:和解すると思うがな

父親の恥部じゃあどうにもならないだろ

ヒョンウクがどう出るか凄く楽しみだ
へユン:こんな事してまだ自分を好きになれと?

先輩は私を好きなんじゃなく

ヒョンウクが憎いだけよ
ジェヨン:俺がここ迄来るのに12年かかった

あいつは3年ぶりに出て来て親のおかげで俺の上に立った

更には天才だって?!

俺がヒョンウクを見ながらどんなに辛かったか一度でも考えたことがあるか?

お前はどこ迄もヒョンウクの見方だな

会社の顧問弁護士を呼び会議
無限動力への対応をどうするか
カン理事:違約金など全て合わせると1500億ウォンになるだろう
ヒョンウク:そんな対応はしない

このまま放っておこう

損失が出たら収益を作らないと理事達は反対するが

今の社長は俺だと突っぱね

父親の意見を確認する

父親に

自分が辞める方が良いか

それとも自分がやる事を見守るか

父親はヒョンウクに任せると言う
これから他の歌手の活動について指示する
へユンが作曲はヒョンウクがすれば良いと言うが

ヒョンウクは社長としているんだ 音楽を作る気はないと断る

ヒョンウクはへユンと話しに外に行く

へユン:「イ・ヒョンウクプロデューサー 3年ぶりにカムバック

AnAに新しい音楽を勝負する」

素敵な文句じゃない?
ヒョンウク:勝手に決めるな
へユン:なんとなくソPDが一番恐れそうだから
ヒョンウク:もう音楽はやらないとはっきり言ったはずだ
へユン:分かってるわ

でも会社の危機じゃない
ヒョンウク:何にせよ 対策は俺が立てる
へユン:じゃあ ただ見ていろと?

いっその事 ソPDの脅迫を無視したら?

どうせイ社長は会社から退いているから
ヒョンウク:お前知ってたのか?
へユン:私に相談すれば良かったのに

無視動力を奪ったのは仕方がないとしても

あなたを無能だと言われるのは我慢出来ない

だからこの機会におまた作曲を始めて プロデュースも…
ヒョンウク:いつから理事が社長の事に首を突っ込むようになった?

親父はお前に女性問題まで相談したのか?

俺はそんな事は嫌だ

もう俺に構うな

俺が作曲しようがしまいが

親父との間に何があろうと

お前はただの部下だから
へユン:ただ助けになりたかったの

辛そうで見ていられなくて
ヒョンウク:俺のために

もう何もするな

セナの所にヒョンウクから沢山の楽器が送られて来る
セナがヒョンウクに電話する
セナ:こんな物をなぜ送って来たんですか?
ヒョンウク:編曲を急げと言ったろ?
セナ:会社で出来るのに
ヒョンウク:夜は遊ぶつもりか?24時間費やしても足りないのに
セナ:こんなにしてもらったら悪いわ
ヒョンウク:そう感じる必要はない

待遇を考えてやったんだ

練習生に宿舎を提供するのと同じ事だ

編曲を急げ

今はAnAの社長として話してるんだ 近所のおじさんじゃなく

(電話を切る)
セナ:あ 待って!

セナは楽器で満たされた部屋の写真を撮る

ヒョンウクにメールを送ろうとする
セナ:報告致します 私の部屋がこんなに…
しかし送るのは辞めてアイスを土産に直接会いに行く

ヒョンウクを回想す
ヒョンウク:本当に久しぶりだった 誰かの歌を聴いて胸がときめいたのは

セナ:どんな時に一番 曲が書けましたか?
ヒョンウク:愛する時

ソンジンがヒョンウクをバーへ呼び出す
ソンジン:へユンに会ったら泣いていた

お前のせいとは言わなかったが

そんな気がして

へユンはお前がソウンに会うずっと前からお前の事が好きだったんだ

お前が誰かを好きになるのなら

へユンだったら嬉しい
ヒョンウク:愛する事が思い通りになるか?
ソンジン:おい 愛くらい努力が必要な事が他にあるか?
おい 今俺格好良かっただろ?

ヒョンウクの家の前で待つセナにシウから電話が来る
セナ:もしもし
シウ:今どこだ?
セナ:どなたですか?
シウ:俺が誰かな
セナ:もしかしてシウ?
シウ:おい 全国民が知る声がやっと分かったのか?
セナ:それであなた大丈夫なの?
シウ:いや ダメだ Mホテル 1105室に今直ぐ帽子を持って来い
セナ:今?なんで?
シウ:今直ぐ帽子が必要だから

ついでにピザも買って来い

練習生、 誰にも言わずに急いで来いよ

セナがピザを持ってシウのホテルにやって来る
セナ:ピザとタクシー代合わせて48600ウォン
シウ:ガイド代でチャラだ
セナ:ったく
お金出して

今懐が寂しいの
シウ:自慢か?

あー クロストもあるのに 
セナ:財布はどこ?

何日も食べてない人みたい
シウ:ああ 食べてない
セナ:ホテルに初めて来たの?

ルームサービス頼めば良いじゃない
シウ:ここにいるのを誰にも知られちゃいけないから

隠れてるんだよ

ファンのコメント見たか?
セナ:うん
シウ:ハンパないだろ

解散は俺のせいじゃないのに

あー悔しい
セナ:あんたを応援してる人も多いわ
シウ:まさか
セナ:見せようか?
シウ:いいよ

悪口も多いだろ

3日ぶりに飯食っのに胃もれてしたくない

あー 腹いっぱいだ

生き返った
セナ:立ってよ

お財布取るから
ねぇ!帽子あるのになんで持って来いって言ったの?
シウ:あの帽子被りたくて
セナ:どうせ出ないんでしょ?

ふざけてるの?
シウ:いや

憂うつなんだ

ひとりでいると落ち込むのに

呼ぶ奴がいなくて

歌手の俺の周りにいる人間は二種類だけ

関係者 そしてファン

どっちも落ち込む姿は見せられないんだ

(50000ウォン渡して)

400ウォンは返せよ
セナ:1400ウォンよ
シウ:これ返してもまた来てくれる?

AnAで職員とヒョンウクがシウの行方を探している

カンナムで見た いや済州島でとデマが飛んでいる

ヒョンウクはマネージャーにも連絡して来ない程の仲だったのか

シウを早く探さないとどんな記事が出るか分からないと言う
セナがその様子を見て
セナ:あの シウが誰にも言うなと言ったんだけど

やはり言わないとね?

シウが泊まるのホテルのロビーで
ヒョンウク:なんでマネージャーも知らない事をお前が知ってるんだ?
セナ:昨日の夜 電話が来たの
ヒョンウク:だから?昨日の夜も来てたのか?
セナ:ええ 良かったでしょ?

私のお陰で助かったんだから
ヒョンウク:何号室だ?
セナ:1105
ヒョンウク:お前はここにいろ

これは社長とアーティストだけの話だ

ピンポーン
シウ:どなたですか?

ユン・セナか?
ヒョンウク:何してるんだ

電話くらいはしろ

皆お前を心配してるのに

お前は未来が心配じゃないのか?
シウ:心配さ

心配だからこうやってんだ
ヒョンウク:それでホテルの部屋で解決したか?

行くぞ

ファンと記者が何日も徹夜で待っている
シウ:怖いんだ

人の目が怖いんだ

どうしたら良いか分からない
ヒョンウク:悔しくないのか?

お前を一杯食わした3人のせいで腹が立たないのか?

俺は今 ソ・ジェヨンのせいで凄く悔しいんだ

だからこれでもかと勝ちたい

訴訟なんかなんかじゃなく

歌手で 舞台で 曲で

ちゃんと勝負して
シウ:俺にソロ活動しろって事か?
ヒョンウク:それも計画中の一つだ
ヒョンウク:もちろんお前次第だが
シウ:急にそう言う理由は?

歌手になる可能性はないとその口で言ったろ
ヒョンウク:素質が足りないとは言った

歌はまだまだだ

しかしユン・セナの曲を聴いて悪くないと思った

技巧が要らない曲だった

あっち側が持つ駒がもっと良いのは認める

でも全てのゲームが強い方が勝つ訳じゃない

お前の選択肢は二つだけだ

ここで歌手を諦めるか

ソロで出るか

もし歌手を諦めるとしてもお前の決定を尊重する

根性なしに会社をかけるつもりはないから
シウ:考える時間を下さい
ヒョンウク:2日間 それ以上はダメだ

どっちを選択するにしても

出来るだけ早くしろ

記者会見をしないと

セナ:話が出来た?
ヒョンウク:シウから電話が来たらちゃんと出ろ

慰めが必要な時期だから
セナ:昨日会ったら可哀想だったわ
ヒョンウク:ふたりはかなり親しいんだな
セナ:親しくないわ
ヒョンウク:親しくないのにお前にだけ連絡するのか?
セナ:親しいのかな?

ガイドやって親しくなったかも
ヒョンウク:シウも「のよう かもしれない」男か?

とにかく 電話はちゃんと取り

ホテルには来るな

記者に見つかるとシウが困る
セナ:あー そうするわ

これからは電話だけ受け入れないと
ヒョンウク:女の子が 怖い物知らずだ

おい!楽器は受け取ったのか?
セナ:写真撮ったんだけど見ます?
ヒョンウク:いい

(メールが来る)
セナのメール:ジャーン!

部屋がこうなりました!

だけど何処で寝よう?
ヒョンウク:なんでありがとうと言わない?
セナ:昨日の夜 家の前で言ったわ

父親を訪ねる弁護士

今回の事で会社の損失は120億ほど もし無限動力の商標権を手放せば90億は見込めると言う
こんな話をして良いか分からないが奥様が昨日来て離婚訴訟の準備をすると言っていたと伝える

父親は義母に自分の体の管理をすると言いながら裏では離婚訴訟するだと?会社が大変な時にと話す
義母は会社が大変なのはあなたの女性問題のせいだ

ミナをデビューさせる迄我慢しようと思ったがとても出来ない

あなたには大した事じゃなくとも自分には大ごとだと言う

練習生に元気を付けさせようとへユンが食事をおごる
デビューが近づいたのだから頑張れ

ユン・セナとも仲良く そのうちに歌手と作曲家として会うかもしれない
へユンの携帯にヒョンウクから電話が来て セナも気づく

へユンが外に出るとヒョンウクが待っている
ヒョンウク:なんで電話に出ない?

車乗れ
へユン:今 仕事終わったの

明日会社で
ヒョンウク:へユン このままでどうやって仕事が出来る?
へユン:部下なんだから感情は入れるなと言うんでしょ?

ただ仕事だけして ただ会話すれば良いんでしょ?!

そうね 明日からそうするわ

でも今日はそっとして置いて
ヒョンウク:すまない

あの日は神経質だった

作曲はしないんじゃなく 出来ないんだ

したくとも出来ない
耳の病気だ
一度耳鳴りが始まるとしばらく終わらない

頭が割れる程痛くて

音楽を作るのも 聴くのも出来ない
セナも気になり外に出る
ヒョンウク:誰にも言いたく無かったが

でもお前には…
へユンが抱擁する

セナはその様子を見ている
(「泣きそう」の曲)

セナは涙を溜めながらピアノに向かう

へユンと歩くヒョンウク
へユン:事故のせいなの?
ヒョンウク:ああ
へユン:ごめんなさい

そしてありがとう

話してくれて
ヒョンウク:泣く程深刻ではないさ
へユン:ただあなたが作る曲をまた聴けない事が悔しくて
ヒョンウク:分からないさ

いつか治るかもしれない

不治の病とは聞いてないから
へユン:止まって

よくなれ

私の手から遠赤外線が出るの

シウはレオンに言われた言葉が蘇る
レオン:これから味わうんだな

お前がどれだけ大した事ないか

俺ら3人も 無限動力の名もないお前が 

いかにちっぽけな存在か
ヒョンウクの声:あっちが有利なのは認める

でもどんなゲームも強い方が勝つとは限らない
シウは切っていた携帯の電源を入れる
セナからのメールを読む
セナのメール:携帯切ったのね?

お腹空いたらいつでも電話して

次はクロストで 

セナの友達がリンゴが剥けたとセナを呼ぶ
セナの携帯が鳴る
ジュホン:携帯がずっと鳴っている

もう午後2時も過ぎてる

昨日から徹夜で何してるの?

何かあったの?

ケミナムのくれたピアノだから夜通し くっついていたのね

晩御飯にはおいでよ

シウからの電話を取る
セナ:何?
シウ:お前 俺の番号を保存したな
セナ:電話切って削除するわ
シウ:なんだよ削除するって

それはいいとして

今度は寿司
セナ:今はダメ
シウ:なんでだ?いつでも電話しろって…
セナ:編曲中なの
シウ:編曲?
セナ:うん 前にあんたが歌った曲

ごめん 本当にやらないと

これ以上遅くなるとマズいの
聴かせたい人がいるの
シウ:誰だそれ?

ひょっとして俺か?

出来たら音源送れ

当たり前だろ?歌の主人公は俺だろ

俺が聴かないと
セナ:分かったわ

ほとんど出来たの 直ぐ送るわ
シウ:じゃあ持って来るとか

歌と飯と

もしもし?

おい!

シウは携帯を見つめてセナからの連絡を待つ
チーン!
曲を添付したメールが来る
シウはその曲を聴く

社長室のヒョンウクの元にセナから電話が来る
セナ:今どこですか?
ヒョンウク:会社だ 今忙しいから後で話そう

シウはホテルを後にしながらセナに電話する
シウ:今 会社だろ?
セナ:向かっているとこよ
シウ:待ってろ

社長室でラウムの今後の活動について相談している
ラウム:コンセプトをちゃんと決めて新しい姿でカムバックをしたい

シウが先が良いんじゃない?
ヒョンウク:レオンとはどうした?
ラウム:私生活を一々報告する義務はないでしょ

雑誌撮影の予定入れて
ヒョンウク:慰めてやれ レオンと別れたようだ
へユン:待ってて 私と一緒に夕食食べるのよ
ヒョンウク:俺が?

AnAの屋上にいるヒョンウクにセナが会いに来る
ヒョンウク:どうしたんだ?
セナ:宿題 やったわ
ヒョンウク:おー 早いな

今回は一緒に聴こう

(曲を聴きながら回想する)

セナ:どう?
ヒョンウク:胸がときめいて 書いた曲のようだけど?
セナ:それで曲をどう思った?
ヒョンウク:うーん 俺は…
へユン:ふたりとも

休みなのに出て来たの?

どうしたの?
ヒョンウク:曲を持って来たから聴いてたんだ
へユン:あー 対決するはずだった曲

私も気になるわ
セナ:すみませんが理事にはまたお聴かせしても良いですか?
セナ:先に行きます

セナの携帯が鳴る

へユン:食べに行きましょ
ヒョンウク:うん

セナに電話しているシウが歩いて来る

シウ:なんで出ない?
セナ:ごめん
シウ:お前 どうしてこんなに人をドキドキさせるんだ?

ー5話終ー

6話予告訳
シウ:やるよ ソロ
ヒョンウク:ユン・セナさんの曲の編曲をもう一度しよう
セナ:男の感じって何かな?
シウ:男が女を好きになった時 どんな気分か
ヒョンウク:あの時 なぜそうしたか 

話せる日が来るか?
セナ:一番素敵なレストランはどこかな
へユン:なぜこんな所に二人だけだと思ったの?

広告