僕には愛しすぎる彼女 ep.7

僕の彼女 第7話 日本語訳&ストーリー by norinori

ヒョンウクは耳鳴りの発作が起こりクラブから出る
セナが後を追って来る
セナ:大丈夫?
ヒョンウク:ああ 音がうるさくて
セナ:頭が痛いの?
ヒョンウク:少し
セナ:頭が痛い時に直ぐに治る方法があるの

耳に水が入った時みたいに片足でトントンするの

本当に効果あるのよ
セナ:ありがとう

ふたりだけの時に言いたかったの
ジェヨンとへユンはふたりを目にする
ジェヨン:デジャブゥを見てるみたいだな

ヒョンウクがソウンを愛し始めた頃の

ヘユン:重要な情報をくれるんでしょ?

行きましょう
ジェヨン:結局こうなるのか

ヒョンウク:もう行け
セナ:おじさんはどうするの?
ヒョンウク:風に当たって来る

ヒョンウクは椅子に座りひとり言
ヒョンウク:どうした イ・ヒョンウク?
セナ:もう大丈夫?

頭痛
ヒョンウク:そうだな

なんでついて来た?
セナ:私も風に当たりたくて
ヒョンウク:その格好で?
セナ:クラブは慣れないの

趣味じゃないみたい
ヒョンウク:クラブに入り浸る作曲家は多い

ヒット曲書くには流行も知らないと

戻ってもいいぞ
セナ:じゃあ おじさんも遊んでたの?

クラブで女の人と会ったり?
ヒョンウク:俺は違うさ

もともと才能が飛び抜けていたから
セナ:でもなぜ最近作曲しないの?

ネットで検索してみたけど3年前からかな?

作曲してないでしょ?

なぜ?その頃何かあった?

病気だったの?じゃなきゃ…
ヒョンウク:質問が多いぞ

お前のせいでまた頭が痛くなりそうだ
セナ:おじさんがまた作曲してくれたらいいと思って

ソPDが辞めても問題ないし

私の編曲も見てもらえるし
ヒョンウク:社長の仕事だけでも忙しいんだぞ
セナ:でも曲は作れるでしょ?
ヒョンウク:寒くないか?
セナ:ちょっと寒いわ
ヒョンウク:立て 戻るぞ
セナ:一枚貸してくれてもいいのに

沢山着てるんだから
ヒョンウク:多くないぞ 1枚2枚3枚

おい!

クラブではヘユンが席に戻りソンジンが話しかける
ソンジン:どこ行ってたんだ?
ヘユン:社長は?
ソンジン:さあ 一緒にいたんじゃないのか?

ところでユン・セナもいないな?

一方のヒョンウクとセナ
ヒョンウク:そんな服どうして着て来たんだ?

綺麗にして誰かに見せたかったんだろ?
セナ:そうよ

ヒョンウク:誰だ シウ?

セナ:なんであいつに?
ヒョンウク:これからはそんな服着るな
ヒョンウクはコートを掛けてあげる
セナ:あんまり優しくしてくれると惚れちゃうかも
ヒョンウク:大概の女の人は皆俺に惚れるだろ

くー 魅力になす術もない
セナ:それ程ではないけど?
ヒョンウク:お前がまだ見てないんだよ
セナ:じゃあ見せてみて
ヒョンウク:お前大変だぞ
セナ:私の曲はおじさんが押してくれたんでしょ?
ヒョンウク:誤解するな

俺の意見で決定したわけじゃない

ただ曲が良かっただけだ

ヘユンはお酒を一気に飲む
ソンジン:おいお前酔ったらどうするんだ

ゆっくり飲め
ヘユン:酔いたいわ

変なこと考えないように
職員:シン理事

さっきはすみませんでした
ヘユン:さっきだけじゃないでしょ?

前もあったじゃない

なぜいつも大事な時に邪魔するの?

なぜこうなるの?

シウが無限動力の時からの宿舎に帰る
ラウムの声:あなたに必ず勝って欲しいの
スタッフよりメールが来る
メール:音源を送った
それは有名作曲家ダイブのダンスナンバーだった
徹夜で聴くシウ
スタッフ:もう起きたのか?
シウ:寝なかった
スタッフ:確かにソロのプレッシャーは大きいよな

おれも近頃寝られない

お前が上手く行かなきゃ俺までクビじゃないかな?
スタッフ:いやお前が上手く行かないって意味じゃなくて…
シウ:車出せ 事務所に行く
スタッフ:こんな時間に?
シウ:社長は出勤してるだろ

ヒョンウクは社長室にいる
父親の声:お前の後押しする曲が気に入らないそうだ

投資を撤回するって
ヒョンウク:AnAのイ・ヒョンウクです

チャン会長に今日お会いできますか?

AnAの投資についてです

いや ソウルにいるのは分かり切ってるのに なぜそんな事を言うんですか?
ヘユンがジェヨンの忠告を思い出す
ジェヨン:ヒョンウクはあの子とままごとしに会社に戻ったのか?
ヘユン:面倒みるのは当然よ 同じ作曲家だもの

思ったよりも才能があったの
ジェヨン:でもお前が止めるべきだったろ?

シウの新曲は会社の死活がかかってるのにユン・セナの曲だと?
ヘユン:なぜ知ってるの?
ジェヨン:チャン会長に会ったんだ

AnAの投資は撤回してうちの会社と手を結ぶと
ヘユン:まさか
ジェヨン:潰れるに決まってるプロジェクトに金は使えない

当然の考えだろ
ヘユン:あなたの言う事は信じられないわ
ジェヨン:じゃあヒョンウクに聞いてみろ

社長室に向かうヘユン そこにシウも来る

ヘユン:早いのね
シウ:社長に用があって

先に失礼します
社長室に入るシウ
シウ:レオンは100億以上の金をかけて新曲の準備をしているそうだ

自分はセナの曲は辞める

ダイブの曲にして僕にもレオン以上の金をかけてくれ

ユン・セナの曲を一人で歌い舞台を制圧できない

僕にそんな実力はない

歌で勝負できるのは歌唱力のある奴のすることだ

勝ちたいんだ

セナの曲が良いのは僕にもわかる

スタジオで録音した瞬間 胸がドキドキしたから

僕が信じられないのはセナの曲じゃなく僕自身なんだ

ダイブの曲にして下さい

歌と新しいパフォーマンスで勝負する方が僕にはあっている
ヒョンウク:俺は社長の椅子にただ座っているわけじゃない

お前が後悔するのが分かっていて黙って見ていられない
シウ:僕も後悔したくないから言うんです

僕の悩みは終わりました あとは社長の仕事です

(↑ここも少し入れて下さい)
屋上にいるヒョンウクの元にヘユンが近づく
ヘユン:やめて正解よ

チャン会長が投資を撤回するって聞いたわ

彼の好みで曲を決めるのは私もいやよ

でも無視できる状況じゃないわ

いや それは乗り越えたとしましょう

でもアーティストがいやだと言うなら仕方ないわ

スタッフは皆納得するわよ

セナは衝撃受けるだろうけど

私から話しても良いわよ
ヒョンウク:僕が直接話すよ

セナはスタジオで編曲者と話す
編曲者:正式な録音は他でするんだ

作曲家もついて行く

ウク社長は歌手を褒めたりけなしたりして200%の力を引き出す

どうしたら出来るのか社長に直接聞いてみろ

スタジオの外でユン・セナを待つヒョンウク
セナ:あ!今 社長に会いに行くとこだったの
ヒョンウク:ちょうど良い

君はどこに行けば気分が良くなるかな?
セナ:今も気分はすごく良いわ
ヒョンウク:でも普段から行きたかった所があるだろ?
セナ:うーん…
ヒョンウク:こんな所?

漢江に来たことないのか?
セナ:いつもひとりで来たの

だから来る度に次は誰かと来たいって思ったの

それがおじさんとは思わなかったけど

来週の録音だけどおじさんも来るでしょ?

本録音見るのは初めてだから

どうしたら良いか社長に聞けって

実はすごく緊張してるの

楽しみだけど
ヒョンウク:ユン・セナ

今からお前にひどい事を言う

歌は悪くなかった

でも商品性を認められないと判断しお前の曲を録音する計画は中止になった

社長として謝るよ 決定を覆したことを

俺も自分がこんなひどい社長になるとは思わなかった
セナ:あー 恥ずかしい

私もうジュホン達に話しちゃったの

でもその話をするためにここ迄きたの?

会社で言う事もできたのに

でも出て来て良かったわ

今度はタルボンも連れて来て

海が好きだから川もきっと好きよ

お腹減らない?

私はすごくお腹減ったんだけどラーメン食べない?

今日は私が奢るわ

買ってくるからちょっと待ってて
セナは後ろを向いた途端に涙が溢れる
ヒョンウク:泣くならここで泣け
ヒョンウクはセナの頬を伝う涙をぬぐい優しく抱きしめる

ヒョンウクの父親は義母の機嫌を取るため

レストランを貸し切りプレゼントを贈る

5カラットの指輪を見て義母の機嫌はすっかり直る

ヒョンウクはタルボンに話しかける
ヒョンウク:タルボン お手!

おい 近頃全然動いてないぞ?

運動しないと!
セナを慰めて抱きしめたことを思い出す
ヒョンウク:あー そんなつもりじゃ無かったのに
タルボンに向かい
ヒョンウク:なんだ?その眼差しは?

傷心のセナに電話が来る
(携帯画面 -ケミナム)←入れて下さい
セナ:はい 家に帰って来たわ
ヒョンウク:あー タルボンが話があるって言うもんだから

今変わるよ
ヒョンウク:タルボン! セナだ

セナだぞ 話してみろ

お前が変わってくれって言ったろ

(小声で)…吠えろ! 吠えてみろ!
タルボン:ワン!!
ヒョンウク:聞こえたろ?
セナ:なんて言ってるか分からないけど?
ヒョンウク:これが分からないのか?!

こんなにはっきり言ってるのに?
セナ:ええ
ヒョンウク:いや…曲が変更になったのはお前のせいじゃないから落ち込むなって

聴くと胸がドキドキする曲だったって
セナ:胸がドキドキしたって?

タルボンが?
ヒョンウク:うん ドキドキしたそうだ

タルボンが
セナ:おやすみなさい

…ってタルボンに伝えて
ヒョンウク:おやすみ

…とタルボンが伝えてくれって

友達がセナを励ます
またチャンスがあるわよ落ち込まないで
セナ:落ち込んでないわ 落ち込む時はいつも一人だったのに

今日はおじさんが横にいてくれたから
セナは優しい抱擁を思い出し心臓がドキドキする
セナ:ねえ 私の心臓おかしい

すごくドキドキしてるの
ジェヨン:今ケミナムのこと考えたでしょ?

それが恋よ
セナは席を立ちヒョンウクの家へ
ヒョンウクは電話中
ヒョンウク:曲を送るから聴いてくれと伝えて

俺の曲じゃない

また話そう
タルボンが吠えヒョンウクは玄関を開ける
ヒョンウク:どうしたんだ?
セナ:会いたくて

…タルボンに
ヒョンウク:お前酒飲んだのか?

酔っ払いの面会はダメだ
セナ:タルボンが大丈夫だって
ヒョンウク:入れ

タルボンの耳で遊ぶセナ
セナ:うさちゃんね 可愛いわ
ヒョンウク:なんで酒飲んだんだ?

落ち込んで?
セナ:ううん 落ち込んでないわ

おじさんに会ったから
再びタルボンの耳で遊び
セナ:うさちゃん!
セナはヒョンウクの顔を見つめる
([泣きそう」の曲)
いつの間にか居眠りするセナをみて

ヒョンウクは自分の肩を貸す

シウが電話をしてセナの携帯が鳴る
ヒョンウクはセナの携帯を取ろうとして動き セナは目を覚ます

ヒョンウク:目が覚めたか?
セナ:ええ
ヒョンウク:いや…お前の電話が鳴ったから
セナ:じゃあ… もう帰るわ
ヒョンウク:送って行くよ
セナ:いいえ ひとりで帰れるわ
ヒョンウク:お前はひとりで帰れるだろうが俺はひとりで帰せない

夜だろ?
ヒョンウク:大人の女が酒飲んで寝て

二度とこんなことするなよ!
セナ:前は女じゃないって言ったのに
ヒョンウク:お前は女じゃなくても男はみんな同じだぞ
セナ:おじさんも同じなの?
ヒョンウク:おれは違う
セナ:おじさんが作曲しない理由が分かる気がする

良い曲を書けるのは愛する時なんでしょ?

だけど愛する人がいないから書けないんでしょ?

じゃあ 恋人を作ればいいじゃない?
ヒョンウク:さあな それは無理だろ
セナ:ひょっとして失恋の傷?
ヒョンウク:質問はここまで

曲書いて
セナ:なら私はおじさんとずっと一緒にいないと

一緒じゃないと良い曲が書けないんだもの
ヒョンウク:おー それなら今日は良い曲が書けるな

さっきずっと一緒にいたから

帰って曲を作れ
セナ:まだ家に着いてないわ
ヒョンウク:目と鼻の先だ ほら
セナ:タルボンにちょくちょく行くと伝えておいて
ヒョンウク:うん もう行け

セナが練習生たちに嫌味を言われているとシウが来る
練習生:浮かれてたのに残念ね俺たちがデビューする時は曲を書いて欲しくない
シウ:おい 練習生ども

お前ら練習生のルールを忘れたのか?

イジメ禁止 同じ練習生を煩わせない

なんで返事しない

俺がもう無限動力じゃないからか?
練習生:いいえ!これから気をつけます

すみませんでした
シウ:お前 俺が楽なんだな

俺には言いたい事を言うくせに

奴らには言われっぱなしか?
セナ:これからは言わせないわ

だからあの子たちの前で私の味方をしないで

前に言ってたじゃない

自分が味方をすると他からいじめられるって
シウがセナの手を引いて行く
セナ:なによ
シウ:このまま行かせたら俺の気が済まない

シウはセナを屋上に連れてくる
シウ:なんで電話しなかったんだ?

俺の番号知ってるのに
セナ:うっかりしてたわ あの時それどこじゃなくて
シウ:怒ってるんじゃないのか?

俺のせいでお前の曲がダメになったって

セナ:何のこと?
シウ:社長が言わなかったのか?

俺がお前の曲じゃダメだと言ったんだ

だからお前の曲は無しになったんだ

俺を恨むか?

なんか言えよ
セナ:いや…ちょっとビックリしたの

あんたが嫌だと言うとは思わなかったから

私の曲を好きだと思ってた

カフェで呆然とするセナ
シウの回想:頭がこんがらがってるのに お前が歌いたくさせたんだ

良かったよ

お前の曲
セナ:ほんとに笑えるわ

ソンジンがやって来る
ソンジン:ヒョンウクは優しくしてくれるか?

会社でも家の近所でも会ってるのか?

それと曲が変更になりがっかりしただろ?

そんなことで気落ちしちゃダメだぞ
ヘユン:何を心配してるの?

先輩行きましょ

ヒョンウクの父親は義母に優しくする一方

他の女にプレゼントを持って行き

そこを探偵に写真を撮られる

セナがギターで作曲をしているとヒョンウクがやって来る
ヒョンウク:新しい曲か?
セナ:ええ

今度は誰も断れない曲を…
ヒョンウク:Cマイナー7フラット5?

これができないの?
セナ:Cマイナー何て?
ヒョンウク:お前の曲にあったのに知らないのか?
セナ:正式に習ったことないから

理屈じゃなく作ってるの
ヒョンウク:ははー! 絶対音感だと自慢してるのか?
セナ:ええ
ヒョンウク:なのにコードも知らないで

だから曲が単調なんだ

手を見せて

こんな綺麗な手じゃだめだ

もっと練習しろ マメができるくらい
セナ:じゃあ教えてよ

私はおじさんといる時がなんでも上手く行くのよ
ヒョンウク:そうか?お望みなら…

見てろ
上手いな

ヘユンが来る ふたりを見てジェヨンの言葉を再び思いだす
ジェヨン:デジャブゥを見てるみたいだな

ヒョンウクがソウンを愛し始めた頃の

ヘユンは電話でセナを呼び出す
ヘユン:今ちょっと会いたいんだけど
セナが来る
ヘユン:私のあだ名知ってる?

シン魔女よ 仕事の一つが練習生の管理なの

社長に対する行動を慎んで

他の練習生が誤解しないように

クラブでも他の子と仲よくせずに何してたの?

社長にだけよく思われればいいわけ?

社長をおじさんと呼んでいるんですって?

とんでもない話よ

練習生は練習生らしく

分かるわね?

社長を信じてるからあなたの才能も信じてるの

でも気になることが多かったらあなたを追い出すこともできるのよ

誰かに可愛がられることだけでは生き残れない

結局この世界は実力が大事なの

ヘユンは一度部屋を出るがセナの歌う曲を聴ききにまた戻って来る
ヘユンはその曲をなぜ知っているのか聞くとセナは姉さんの曲だと答える
セナ:姉はユン・ソウンです ご存じですか?
ヘウンは衝撃を受けて今までの事を思い出す
ヘユンはソンジンに確認しに行く
ヘユン:全てはあの子のためだったの!?

3年も人前に出てこなかった彼が急にソウルに来たのも

AnAの社長を引き受けたのも全てユン・セナのため!?

まだソウンを忘れられないんでしょ?

妹にこんなにしてあげる程…
ソンジン:ヒョンウクはあの子を助けたかったんだろ

でも良かったこともあるだろ?

だからヒョンウクはまた戻って来たんだから
ヘユン:ユン・セナも知ってるの?
ソンジン:知ったらヒョンウクに会えると思うか?
ヘユン:なぜ止めなかったの?

あの子が好きになったらどうするの?
ソンジン:そんな事はないさ
ヘユン:なんで私はこんなに不安になの?

ヒョンウクがタルボンにご飯を食べさせる

ヒョンウク:タルボン 一日何も食わなかったんだって

ワガママ言ったらダメだ

ご飯食べないと元気出ないぞ

(↓ここ入れて下さい)

ヘユンから電話が来る
ヘユン:何してるの?
ヒョンウク:タルボンに飯を喰わしてる
ヘユン:タルボンがうらやましい
ヒョンウク:なにが?

毛が多いこと? 足が4本あること?

なんか話があるのか?
ヘユン:ううん別に

明日暖かくして来てね

キャンプ場は夜寒いから

ヒョンウクはうたた寝をしてセナの夢を見る
しかし目が覚めるとセナはいない
ヒョンウク:なんであいつ来ないんだ?

セナはヘユンに言われたことを思い出す
ヘユン:社長をおじさんと呼んでいるんですって?

とんでもない話よ

練習生は練習生らしく

分かるわね?

ジュホンが入って来て
ジェヨン:昨日明け方に帰って来たでしょ?

何してたの~?
セナ:悩みができちゃった

もうおじさんとは呼べないみたい
ジェヨン:オッパーって呼べば良いじゃない!
(携帯画面 -ケミナム)
セナ:はい
ヒョンウク:今どこだ?
セナ:家よ
ヒョンウク:タルボンに会いに来るんじゃないのか?
セナ:ひょっとして私を待っていたの?
ヒョンウク:待ってたさ 待ってないと思ったのか?

でももういいよ

タルボンには会えないから

キャンプに行くから動物病院に預けて来た

むだ足にならないよう電話したんだ

おやすみ

明日な

走ってヒョンウクに会いに行くセナ
セナ:おじさん!
ヒョンウク:ああビックリした

タルボンは預けたんだぞ
セナ:タルボンに会いに来たんじゃないわ

おじさん…
ヒョンウク:なんだ?
セナ:おじさん…
ヒョンウク:もう呼ぶな! おじさんなのは知ってるさ

正直 気分悪いよ

俺のどこがおじさんだ!

こんなにピチピチなのに
セナ:じゃあなんて呼んだら良いの?
ヒョンウクはセナがオッパー!と呼ぶのを想像する
ヒョンウク:いや おじさんでいい
セナ:じゃあこれからもずっとおじさんて呼べば良いのね?
ヒョンウク:いままでもずっとおじさんて呼んでただろ
セナ:帰るわね おじさん
ヒョンウク:もう行くのか?
セナ:顔を見たからもういいわ

キャンプに行く電車の中で
セナ:お飲み物は何が良いですか?社長
ヒョンウク:水で

セナ:こちらです 社長
セナ:理事は何にしましょうか?
ヘユン:私も水でいいわ
セナ:こちらです 理事
ヘユン:ありがとう
セナ:どういたしまして 理事

シウは作曲家のダイブと会う
シウ:ダイブさんは僕よりも彼女たちに興味があるみたいですね
ダイブ:お前の曲はもう出来てるだ

後はお前が頑張るだけだろ?

キャンプ場で炭を運ぶセナ
ヒョンウク:こっちにくれ
セナ:いいえ 社長

私が持って行きます 社長
ヒョンウク:お前変だぞ

昨日は話す度に おじさんおじさん

今日は 社長社長って
セナ:二重生活って言うかな

近所ではおじさん ここでは社長

それでは失礼します 社長
ヒョンウク:あいつなんだ 

セナ!
ヘユン:ちょっとデートしない?

セナにシウから電話が来る
セナ:なに?
シウ:バーベキュー楽しいか?
セナ:なんで分かったの?
シウ:気になるなら

左に500m来い

ヘユンとヒョンウクが散歩に行く
ヘユン:あなたとふたり旅ならどんなに良いかな
へユンはヒョンウクと腕を組む
ヒョンウク:おい 人が見るよ
ヘユン:私は平気だけど
ヒョンウク:社内恋愛禁止じゃないのか?
ヘユン:じゃあAnAにいる間中 恋愛はしないの?
ヒョンウク:しないさ
ヘユン:セナはどうするつもり?
ヒョンウク:どういう意味だ?
ヘユン:これからの計画よ

曲がダメになったじゃない
ヒョンウク:新しい曲を作れと言うさ

早くデビューさせるように
ヘユン:その次は?
ヒョンウク:さあな 手を引くかな?
ヘユン:上手く行くといいわね

早く手を引けるように
ヘユン:こことても素敵ね

シウがセナに紙袋を差し出す
セナ:これ何?
シウ:プレゼントって箱に靴が入ってる
セナ:だからなんなの
シウ:受け取れって
セナ:なんで?
シウ:受け取らなきゃ捨てるつもりだ

そこにヒョンウクとヘユンが来る
ヘユン:シウじゃない?
セナ:あんた酔ってるの?
シウ:酔ってないけど?
セナ:酔っ払いは必ずそう言うわ

酔いが覚めたら話しましょう
シウ:受け取らなきゃ捨てるぞ
セナ:なんで捨てるの ラウムにあげればいいじゃない
シウ:嫉妬してるのか?
セナ:あんた酔うと女に迫るのが癖なの?
シウ:迫るとはひどいな

本当に迫る事が何なのか知らないんだな
シウがにじり寄る
ヒョンウク:シウ!
シウ:なんでまた会うんだ
ヒョンウク:セナ キャンプの方に帰ってろ
セナ:ええ
ヒョンウク:お前は今作曲家と一緒のはずじゃないのか?
シウ:真昼間に酒の席にいたくなくてね
ヒョンウク:酒飲んだんなら宿舎に戻れ

こんな所まで来て何してるんだ

お前が望うように全部してやり

ベストを尽くせないと言うから

ベストを尽くせる曲に変えてやった

それなのにお前は何をやってるんだ
シウ:謝ってる所だったんだ
ヒョンウク:謝るならちゃんと謝れよ

ふざけないで
シウ:ふざけてないさ

セナのことは ふざけてない
ヒョンウク:本気ならなおさらダメだろ

セナに興味を持つな

お前が芸能人だってことを一瞬も忘れるな

直ぐにソウルに帰れ

歌の練習しろ

帰れって言うのが聞こえないのか?
ヘユン:社長の言葉を聞いて

この事はまた話しましょう
ヒョンウク:一体どう扱ったらいいんだ?

なんであんなに勝手なんだ
ヘユン:忍耐心を育てるんでしょ?

歌手はみんな子どもだから
ヒョンウク:俺の忠告が印象的だったみたいだな

じゃあお前は放っておけと言うのか?
ヘユン:あなたがここまで怒るのはセナのせいなの?
ヒョンウク:どういう意味だよ
ヘユン:嫉妬に見えるの
ヒョンウク:何を言ってるんだ

夜になりヒョンウクは散歩する
ヒョンウク:嫉妬?
セナが歩いて来る
セナ:さっきのシウの事だけど

私に悪いと思ってるの

自分のせいで曲がダメになったって

ほんとに笑えるでしょ?

好きって言ったり嫌いって言ったり

まだ幼いからかな
ヒョンウク:なんで俺にそんな話をするんだ?
セナ:誤解するかと思って
ヒョンウク:俺に誤解されるような事は何もするな
AnAにいる間はシウであろうと誰であろうと何もするな
セナ:おじさんとも?

第7話終

広告